"○○"見習いの雑談記?

はじめまして、クリュウです。 主として、日記形式の色々な事書きます!!

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉より大事なものは心(むね)にある

2010.02.10 (Wed)

という訳で昨日はお休みのヒジリンです(命名:ソラ氏)

では、今日もぼちぼち更新しますのでお楽しみを~





更新したいけど…ネタがなくて更新できずw

という訳で今日ぐらいからコラムを再開しようかなと思ってます。
ちなみにこのコラムを書くのに約1時間程度かかっているのは別の話で

今回更新するのは"文学少女"と穢名の天使(アンジュ)です。シリーズ第4作品目となる作品ですね。
では下からお楽しみください!




コラムⅣ 文学少女と穢名の天使

―主な登場人物―

・天野遠子 本をこよなく愛する文学少女で文芸部部長。受験生なのに相変わらず心葉におやつを求めていて…
・井上心葉 遠子先輩のおやつ係で普通の高校生。ななせとの距離も縮まり始めたが…
・芥川一詩 心葉のクラスメイトで友人で何事にも誠実。少しずつ変わって行っているが…
・竹田千愛 1年生の図書委員で文芸部に度々お世話になる。日頃は明るく見えるが…
・琴吹ななせ 心葉と同じクラスで図書委員。心葉の事を気にかけていて。今回の物語のメインでもある。
・森ちゃん 心葉やななせのクラスメイト。明るくていい子だが、なぜか下の名前はNGな面白い子。
・臣志郎 1年生でななせと同じ図書委員でななせに好意があるみたいだが。彼自身も過去を引きずってる1人。
・水戸夕歌 ななせの大の友人で白藤音楽大学付属高校の生徒。歌がうまくなりたいためにアルバイトを繰り返す。彼女はいつも音楽の天使と言っていて… 
・毬谷敬一 心葉たちの学校の音楽教師でななせと心葉に自室の掃除を頼んだ人である。チャイが好きで優しそうな良い先生だが…
・鏡粧子 毬谷の大学の同期で、現白藤音楽大学付属高校の講師で水戸の指導に当たっている。美人でいい人だが…


まず見てもらいたいのだが、チョイ役を含めてもこの巻は相当な登場人物の多さが目を引く。この巻が恐らく一番登場数も多く、そして各キャラクターに対する逸話が多いものになっている。

自分の醜さや汚さを、蔑むことも哀れむことも許される

これは毎度、野村先生お馴染になってきた巻頭の文だ。今回のこの分は水戸さんのものだと分かる。この話は、簡単にいえばななせと親友の水戸夕歌そして天使の関係がメインである。

ある日、ななせと心葉は音楽教師の毬谷敬一に頼まれ音楽準備室の掃除を放課後に手伝うことになった。のんびりと平和な時間が流れていくが……その平和を壊したのはななせの親友の水戸夕歌の失踪だった。失踪を通し、ななせの本当の姿を見た心葉。そしてそのななせと心葉の前に現れた1人の天使が残したものは?

こんな感じでしょうか?
正直言ってこれはななせ専用の話と言っても大丈夫だと思う。と言うよりも野村先生自身が認めているから確定なんだろうけどw

「最後までそばにいさせて」
ななせに対して心葉はある時こう言った。この前後には様々な物語があるがそれは読んでからのお楽しみにしていて欲しい。
色々な物語が交わって一つの物語として完成している。
たとえば、ななせと夕歌や臣と心葉など色々似たもの同士がいる。それを上手く引き出してある。

「・・・幸せだね」
このセリフにどれだけの思いが詰まっているか、それは読んでみないと分からない。
でも私はこう思う。幸せという2文字がどれだけ難しく、儚く、遠いものかと。それでも走らなければならない幸せを掴むために何かを犠牲にしてまでもやらなくてはいけない。sprinterなのだから……

次回は5巻の紹介です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

クリュウ

Author:クリュウ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。