"○○"見習いの雑談記?

はじめまして、クリュウです。 主として、日記形式の色々な事書きます!!

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積み上げた形が、君の夢と共に崩れる

2010.02.08 (Mon)


どうもこんにちは? ヒジリです。まあコラムの更新を行っています。引き続きご覧下さい。




では今回は3巻目に当たる"文学少女"と繋がれた愚者のコラムでもちょこっと書きます。




コラムⅢ 文学少女と繋がれた愚者

―主な登場人物―

・天野遠子 本をこよなく愛する文学少女で文芸部部長。文化祭に舞台で参加するといって…
・井上心葉 遠子先輩のおやつ係で普通の高校生。劇では脚本を書き演じる。
・竹田千愛 1年生の図書委員で文芸部に度々お世話になる。劇にも参加する明るい子だが…
・琴吹ななせ 心葉と同じクラスで図書委員。遠子先輩に言われ劇に参加して、心葉との距離が縮まるが…

・芥川一詩(あくたがわかずし) 心葉の友人で弓道部所属。勉学も優れていて容姿端麗。遠子先輩に劇に参加させられて心葉にある告白をする。
・更科繭里(さらしなまゆり) 心葉たちとは別のクラスにいる。美人で芥川の彼女だというが・・・

「いつか壊れるかもしれない関係なんて、最初からないほうがいい。」
口絵の部分で芥川はそう心葉に告げる。

ある日遠子はページのいい部分が欠けていて、切り裂かれている本を見つけた。本をこよなく愛する文学少女は暴走を始め、麻貴にそそのかされたのもあり、文芸部として文化祭で劇をやることになった。遠子は心葉に武者小路実篤の「友情」の脚本を書かせる。集まったのは遠子と心葉以外には千愛、芥川そしてななせの3人。
そして劇の練習でみた芥川という級友の心にある闇を見つけた心葉は昔の自分に重ねながら芥川と向き合って…

まあ簡単にいえばこんな感じの本であったでしょうか?
ネタバレのない紹介を続けて3回目。だいぶ慣れてきたものの難しさは変わらない。
芥川は誠実で真面目な人間で部活ではレギュラー、成績優秀で女子生徒からの人気も高く、心葉でさえもかっこいいと思う人物である。だが芥川には様々な悩みがあった。
物語が進む上でその悩みは表面化していき、心葉ですらもわかるようになった。
そんな芥川は心葉にある言葉を告げる。

「……っ、オレは、きっと井上を傷つける。このことは忘れてくれ。オレに関わらないでくれ」

ここに初めて芥川は拒絶を見せた。自分の過去に起きた物語に心葉と言う存在を加えることを。そして自分の起こした禍に巻き込むことを。
少しの優しさと、拒絶が混じった言葉。

心葉は美羽という存在が忘れる事が出来ないのは物語の中でも鮮明に描かれている。
誰かにこれほどまでに執着するのがどれだけの事か…
分からないが、この巻では芥川の必要以上の執着が書かれています。
自分自身の事を言うならば、今までの中で一度だけ苦しんだ事がある。それは芥川にも似ているし心葉にも似ている。そんな悩みで今まで引きずってきた。今は大分解消されたが、それでも心の奥には深く残っているのは確かだ。

恋愛は人縄筋では行かない。
時には衝突しあい、揉めて、さまざまな感情を抱くかもしれない。それでも最後に行きつく先は皆自分の努力次第という訳だ。最後に私が好きなセリフを書いて終わろう。

『今の私は無力かもしれない。君の心の奥を蝕むかもしれない。それでも私は今の気持ちに嘘は付きたくない。あなたの事が好きだから。だから私の気持ちに正直に答えて』

切ないセリフでも想いは伝わる。この後主人公は何と返事をしたのか?
それについては今度話そうと思う。これで一応は3巻の紹介を終わりにしたいと思う。

長い文章にお付き合いくださり大変感謝です。次回は4巻について語りたいと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

クリュウ

Author:クリュウ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。