"○○"見習いの雑談記?

はじめまして、クリュウです。 主として、日記形式の色々な事書きます!!

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いはどこからやってくる?

2009.04.15 (Wed)

こんばんは。2日ぶりとなる日記です。昨日は体調不良のため、ダウンしました……
今日こそ新作を書きあげるぞ!!(10ページ程度のSS)でしたが、
昨日のが引き続いているのか?判らないですが書けませんでした。なので前書いたやつを出したいと思います。駄作ですが見て下されれば幸いです。


「夕日は微笑むか」

夕日の差し込む、放課後の誰も居ない教室に、僕は佇んでいた。何もすることが無く佇んでいた訳ではなく、訳があって佇んでいた。やがて巡回に来ていた先生に「早く帰りなさいね」と言われ、「はい」と曖昧な返事を返す。
(あと、3分ですから…待っていてくださいね)
そう心の中で呟く。やがて時計は6時を指した。敷地内にある時計台が、大きな鐘の音を鳴らし始め、やがてその鐘が鳴り終り掛けた頃、教室のドアが勢いよく開いた。
「ごめんなさい。少し遅れてしまいました」
ちょっとだけ制服のスカーフが緩くて、息も少しだけ上がっている彼女を見て僕は、息が一瞬詰まってしまった。
「いえいえ、時間通りですよ。ところで貴女から呼ばれるなんて珍しいですね」
近くの椅子を拝借して座っている彼女に僕は聞いてみる。
「そうですか?別にいつも通りだと思いますけど。ここでは落ち着かないので、屋上に行きませんか?」
「そうですね。私もそう思っていたんですよ。それに時間はたっぷりありますからね」
僕はそう言って、彼女の座っていた椅子を戻す。
「ありがとうございます。では行きますか」
彼女は僕に軽く微笑みかけ、同意を求める。
「そうしましょうか。では行きますか」
僕は、軽く手を取り彼女と屋上へ向かう。
「ここなら、だれも分からないでしょう」
「そうかもしれません。ところで用件とは?」
僕は、彼女に聞いてみる。
「まあ、時にはゆっくりと考える事も必要ですよ。本当にここから見る夕日は美しいですよね」
夕日に照らされ、頬が紅潮している彼女の横顔を眺めながら、
「そうですね。私はこの夕日も好きですが、やはり夜景が好きですね」
(本当は貴女の横顔の方が好きなんですが)
そんな事は言えるはずも無いので、心の中に留めて置く。
「いいですよね。夜景も夕日も。どれも見ていて感動を覚えますし…」
そこで彼女の言葉が詰まった。
「どうかされましたか?ご気分が優れませんか」
すると彼女は、首を横に振り、
「いいえ。違うんです。そろそろ飽きてきた頃でしょう。本題に入りましょうか」
僕は、首を横に振り、
「別に構いませんよ。僕は、貴女と話すことが楽しいですし、何よりも嬉しいです」
彼女は、少しだけ大きめのポーズをとり、
「それは、嬉しいです。私もこうして夕日を一緒に、眺められている事がとても嬉しいですから」
「……」
「……………」
二人の間に、沈黙が流れる。しかしその沈黙を破ったのは、彼女だった。
「……久米宏一さん?」
「…はい。なんでしょうか、村田亜希子さん」
彼女は、悪戯っぽく微笑み、
「では、本題に入りますが一つ。内容は非常に喜ばしくない事と、喜ばしい事の二つあります。私は喜ばしくない事からお話いたしますので、宜しいです?」
僕は、少しだけ思い付く範囲の中身を考えたが、分らなかったので素直に「はい」と頷く。
「では宜しい。事情ですが、私は今学期が終了したら、海外へ留学いたします」
「……」
「場所は、イギリスです。期間はそう1年ほどですかね。この学園と姉妹校の学校に通う事になります」
後今学期も約半月あまり。つまり一緒に過ごす時間はごく僅かしかないと言う事。
「取りやめる事なんて出来ないんですよね…」
そう言った自分の声は情けないほどに、震えていた。
「出来るかもしれません。ただそれをすると、私は除名を頂くでしょうね」
「除名を貰うとどうなるのですか?」
彼女は手摺に腕を乗っけて、
「私は、私として存在は出来ないでしょうね。しかし彼方は本当に早合点していらっしゃる。人の話は最後まで聞くものですよ」
すると彼女は僕の所まで来ると不意に微笑み、
「宏一君。あなたは私と一緒に海外へ行きたくありませんか?」
「…………………え?」
「父が、『一人で海外留学は寂しくないか?』と言われました。それで誰と行きたいかと、言われたので私は彼方と言ったんですよ。そしたら父も了承して下さいました。だから一緒に行きませんか?」
「本当に言っているのですか?ですがなぜ僕に?」
すると彼女は僕に倒れ込んで来て、
「宏一君、彼方が好きだからです。彼方が。ねぇ、私の事どう思いで?」
僕は、彼女を抱きしめると、
「もちろん、好きに決まっているじゃないですか。今更何を言われるのですか?」
やっとその言葉を言えた。そして言った時、胸にあった蟠りが無くなった。
「じゃあ、着いて来て下さるかしら?」
「もちろんですとも。何処へでも着いていきますよ」
「その言葉に嘘は?」
彼女は、微笑みながら聞く。僕は微笑み返して、
「無論、御座いません」
「ならば、この世の果てまで着いて来て下さる?…宏一」
彼女が差し伸ばした手を握り締めて、
「もちろん、亜希子」
彼女は頬を染めて、
「では、行きましょうか」
「はい」
そう言って屋上を後にした。

後日、学校が終わる一日前に僕と彼女の留学はクラスに知れ渡った。皆から様々な反応を貰ったが気にしない。

――そして僕は今ロンドンに居る。
「宏一、行くわよ」
「はいはい、亜希子先行っていて」
「やーだ。だって宏一がいないとつまらないもの」
すっかり変わった彼女を見ながら僕は今日も彼女の傍らに寄り添っている。
「宏一、大好き」
いつも通りの会話が、僕の心を優しく包み込む。
そうして2人で、陽の輝く街並みを寄り添い歩く。
                                                    
                                                         了
  


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

クリュウ

Author:クリュウ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。