"○○"見習いの雑談記?

はじめまして、クリュウです。 主として、日記形式の色々な事書きます!!

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらないこの気持ちは…

2009.04.13 (Mon)

こんばんは。ヒジリです。今回は過去の小説を載せたいと思います。個人的には詩で掲載していたものです。

『恋道化は師を思い』  
                                    ヒジリ



ある日僕は恋をした。その恋はあっという間に終わった。僕は何も感じ無かった。

ある日僕はまた恋をした。その恋は少しだけ前より長かった。だが終わった。僕は少しだけ心に虚しさを感じた。

そして僕は恋をしなくなった。人の恋を見て楽しむ道化のように。それでも心の虚しさは消えず、増したように思えた。

そんな生活を送っていた時に僕は、恋をされた。やがて僕も恋をした。自分でも長く続くモノだと思っていた。だが直ぐに終わった。
そうして僕は恋を捨てた。今度こそ完璧な道化になる為に。だがそれは、しばらくして破られた。いや、壊された。

「いつまで道化で居るつもりなの?」
この一言が全て壊した。
壊したのは彼女。僕は道化じゃないと言っただが彼女は、
「君ほどの道化は何処にも居ないよ。そんなに嫌なら私が恋してあげるよ」

その一言に全てがまた壊される
「皆そう言って僕をバカにしてきた。今度だってそうだ」
叫び声に近い悲鳴。
「うそ…。本当は恋したいんでしょう」
「違う。違うんだ。本当は…本当は…」

震える体。頬には一粒の涙が落ちる。
「自分に正直になれば良いのに…」
もう震えが止まらなくなる。
そんな僕の体を彼女は優しく抱き締める。

「泣けるだけ泣けば良いよ。」
「僕には無理だよ。絶対無理だよ…」
抱き締める力が微かに強くなった。
「なら私は君を放すよ。一生見放すよ」
「それは…いやだ」
構わない…そう言いたかった。でも本心はそれを拒んだ。
不意に頬に彼女の手が触れる。その手には僕の涙が一粒。

「私に教えて。君の本当の気持ちを」
耳元で小さく聞かれる。
「僕の気持ち…」
「そう君の本当の気持ち」
様々な思いが頭をよぎる。そして胸の奥にある小さな箱の頑丈な鍵が勢い良く外れた。

「僕は…誰かに優しくして貰いたかった。傍に居てほしかった。誰かを愛したかった…」
涙が頬を流れる。悲しいからでは無い。自分の思いが伝えられたから。

「その役は私じゃだめ?」
彼女は優しく聞いてくる。その声に迷いは無かった。
「いいや…構わないよ」
もう涙は出ない。出るのは自分の決意。そして思いを伝える声。

「僕は前から君みたいな人を探していたんだ」
もしかしたら嘘かも知れない。でも今心を満たしているのは間違いなく彼女だった。
「私は前から君が好きだった。本当に自分勝手に好きだった」
「僕は分からない。君の事が好きだったのかも、昔の自分の本当の気持ちも。でも…今は君の事しか頭に無い」
その言葉を言った時、僕は昔の事を思い出す。道化になるまでの恋を。そして思った、恋をしていた時の自分は耀いていたと。

「私は、恋をしていた時の君が好きだったの。君が道化になった時に、本当は声を掛けたかった。でもそれだけはしなかった。なぜかって?私は君自身が答えを見つけるのを待っていたから」

彼女は僕への思いを、そして自分自身の気持ちを叫ぶ。もうその声はさっきまでの僕と同じだった。今までの自分。そして今の彼女。お互いが持っているあの気持ち。全てが壊れたあの…気持ち。

僕は彼女をそっと抱き締める。さっきして貰った様に。そして今学んだことを彼女に伝える。
「自由でいい。正直じゃなくてもいい。でも自分の気持ちに嘘はついちゃ行けないんだ。逃げちゃだめだ。真っ直ぐ前を見ないと駄目なんだ」
今まで嘘をついて過ごしてきた自分。今まで思いを胸の奥底に秘めながら生きてきた彼女。道化と道化師。

なりたくなかった道化になった自分。

ただ思いを、言葉に出来なかったから道化師になった彼女。

もしかしたら道化は道化師に、道化師は自分の商売道具である道化に感情を抱いていたのかもしれない。叶わないものと分かっていても。

「私は、道化師。君は道化。二人ともどちらかが居なければ…何も役たたず」

「僕は道化。君は道化師。同じ感情を、同じ望みを持っている。誰かに傍に居て欲しいと言う望みを。愛されたいと言う感情を…」

商売道具も商売師も関係ない。ただ関係あること、
自分を必要としている人を探す事。そうしてお互いがお互いに旅に出る。

けれど、望みは叶わない。道化はますます道化になっていき、道化師はますます無表情の道化師に代わって行った。

そうして出会った。道化師は変わらない道化に。道化は変わりきった道化師に。でも会話は無い。ただ道化の様子を道化師は見つめているだけ。道化はただ道化師の事を思い出さないだけで。

そして道化師は道化に恋をする。叶わぬ恋とは考えずに。叶う恋だと信じて…

「私は、君が好きだった。ありのままの君が。だから君の姿は見たくない」
道化師の最後の思い。伝わらないかもしれない気持ち。
「私は笑顔の君が好き。今の君は見たくない」
道化が伝えた言葉。気持ちを伝える最大限の言葉。


震える彼女の肩をそっと持つ。彼女は涙をとめどなく流し続ける。そして僕は彼女に伝える。彼女が教えてくれたあの言葉を。

「泣けるだけ…泣けばいいよ。自分に正直になればいいよ。そして思いっきり笑おうよ」


泣ける道化は幸せだ…

正直な気持ちを伝えられる道化は幸せものだ…

でも、笑える道化が一番だ…


彼女は僕の胸に頭を押し付けて、袖を力いっぱい握り締めながら泣く。涙が枯れるまで…自分に正直になるため…笑うために…


道化は道化師に出会い人間らしくなった。道化師は道化に出会い。人間らしさを取り戻した。そうして道化師は道化を一生大切にした。道化は道化師を一生思い続けた。


やがて彼女は顔を上げた。目は泣きすぎて紅い。そして、
「私は君が好きなの。この気持ちに嘘はつけないし。付きたくも無い!!君から逃げたくも無いの。正直に気持ちを伝えて、真っ直ぐ告白するの」
泣き顔だけれども、その顔は笑っていた。思いを全て言ったからだろう。

その気持ちに僕は精一杯の笑顔で答える。
「僕は君が好きだ。本当に嘘は無い。君の正直な気持ちに嘘は付かない。もう決めたんだ…道化はやめると」


道化師は普通の人間になった。道化は、人間の気持ちを取り戻し、いつまでも道化師の横に笑顔でいる。


「だから、お願い。いつまでも僕の横にいて。離れる事無くずっと」
彼女は僕を見つめる。そして直ぐに、
「君も離れないでね」
そう言って、頬に口付けをする。想いが全て伝わる。一番、一番大切な口付けを。
彼女―道化師は、僕―道化に一番大切なそれをくれた。



ご感想、お待ちしております。
スポンサーサイト

 | HOME | 

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

クリュウ

Author:クリュウ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。